日本国内で1000万以上の資産を全額保護できるペイオフ対策

日本国内で出来るペイオフ対策

皆さん、こんにちは。

今年も残すところ、あと二日になりましたね。
本日の関西は、とても寒いです。

何とか昨日、仕事納めが出来ました~\(^_^)/

という事で、嬉しさのあまり昨夜は飲み過ぎて・・結局、午前様パターン(笑)

いやぁ~ホント飲み倒しましたわ~(^∇^)アハハハハ!

 

ではでは本題の、日本国内で出来る

ペイオフ対策のお話に入りましょう!

 

皆さん銀行預金には「普通預金」や「定期預金」があるのはご存知ですよね?

あと「当座預金」「無利息型普通預金」というのがありまして、

実は、このどちらの預金口座も、ペイオフ発動時に1000万円以上の資産が全額保護されます。

 

ペイオフとは預金保険制度のことで・・

仮に銀行が破綻した場合、1,000万円までの資産は保護され、1,000万円超の部分については保護されません。

 

今日のランキングは何位でしょう???
コチラをクリックして今すぐ確認!
にほんブログ村オフショア投資へ
にほんブログ村オフショア投資へ

 

当座預金とは?

決済用預金と呼ばれ
1.無利息
2.要求払い(随時払い戻しができること)
3.決済サービス(口座振替等)が提供可能」

という条件を、満たしている預金になります。

 

口座の条件として・

  1. 利息が付かない
  2. 引き出しに小切手が必要
  3. ATMでの引き出しができない
  4. 1日の引き出し限度額に制限がない
  5. 引き出しに手数料がかからない
  6. ペイオフが発動しても全額保護される

ただ、個人では当座預金は開設できない場合がほとんどで、引き出しに小切手が必要と、ちょっと使いにくい感じです。

 

無利息型普通預金とは?

名前の通り、お金を預けても利息が付かない普通預金です。
預金保険法が定める、決済用預金になります。

 

銀行によって、少し口座の条件は異なりますが・・

  1. 個人・法人で利用できる
  2. 期間の定めは無し
  3. 1円以上1円単位で預け入れが可能
  4. 払い戻しは随時可能
  5. 利息は付かない
  6. 引出時の手数料は、キャッシュカードで定める手数料
  7. ペイオフが発動しても全額保護される

大体、どこの銀行でもこんな内容だと思います。
基本的には普通預金と同じ扱いで、預金や払い戻しは好きにできます。

 

ペイオフ対策で、複数の銀行に1000万円以内の預金している方も多いと聞きますが、超ぉ~低金利時代の今、複数の銀行で普通預金をするメリットはあまり無いかと思います。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行など・・
破たんリスクの低いメガバンクで、無利息型普通預金をしておけば、事は足りるのではないでしょうか?

ペイオフ対策をお考えの方は、今回の記事を参考にしてみてください^^

 

今日も遊び倒すパターン

うぉっひゃぁぁあーーー

みなさんからの応援が、私の頑張る活力です。
コチラ からポチッと応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村オフショア投資へ
にほんブログ村オフショア投資へ

無料でマイルと現金を自動的に貯める方法を無料公開中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です