インフルエンザワクチンって・・・何じゃコラッ!(メ▼ロ▼)凸

インフルエンザワクチンの接種は意味なし

皆さんお早うございます。

私の経営する会社で、来年度より新システム導入を予定していまして・・
それに伴い、昨日はとある場所まで社員を連れ、視察に行っていたんですが、結局、帰宅したのは夜の11時を過ぎました(^∇^)アハハハハ!

私の会社は、ブラックじゃないですよ~(笑)
『帰宅後に少し仕事をこなしていたからか・・しかし今日は眠いっ!』

 

さてさて、今日のお題である インフルエンザワクチン接種 についてお話ししましょう。

今の日本では、
「インフルエンザの感染を予防するために、ワクチンを接種しましょう!」
といった事が、当たり前のように、TVをはじめとするマスコミや病院で語られていますよね。

 

結論から言いますと・・

インフルエンザワクチン接種での

感染予防は、まったく意味がありません!

 

インフルエンザの予防接種をしても、普通にインフルエンザにかかります。

 

オイオイ。そんなアホな!
お前また、そんないい加減なこと言いやがって!コラッ!(メ▼ロ▼)凸

って言う人もいるでしょう。

 

私自身が10年位前から、毎年のようにインフルエンザワクチンを接種していましたが、何回かインフルエンザにかかったんです。
私の場合は、身を持ってワクチンが効かないことを、体感しているんですよね。
『俺は人柱かぁ~(笑)』

疑問に思い、自分で色々と調べているうちに、インフルエンザワクチンは感染防止に意味がないことが判明しました。

みなさんからの応援が、私の頑張る活力です。
コチラ からポチッと応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村オフショア投資へ
にほんブログ村オフショア投資へ

 

私の言っていることが、信じられないですか?

 

世界保健機関(WHO)のホームページに

「ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない!」

「また有効とするデータもない!」

と書いてあるんです。

 

インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと、メディアや医師が言っていますが、それらは全てウソの情報であることが確定したわけです。

つまり、ワクチンでインフルエンザ予防ができるというのは、単なる妄想にすぎないということです。

 

予防接種を勧める側の意図は?

インフルエンザワクチンは、毎年3000万本製造されています。
そこに多額の税金を使って、海外で余ったワクチンを大量に輸入もしています。
『輸入させられているのか? 海外からのカツアゲ??』

毎年、インフルエンザが流行する季節には、ワクチンの接種だけで個人の小さい病院でも数百万円。
大きい病院だと、数千万円の利益があるそうです。

つまり、病院側にとってもインフルエンザワクチンと言うのは、大きなお金を生み出す商品なわけです。

 

つまりインフルエンザワクチンとは・・

製薬会社と病院が儲けるための道具!

 

毎年のように、ワクチンを接種したあと、副作用で死者も出ていることを皆さんはご存知でしょうか?

製薬会社と病院の利権のために、殺されているようなものです。
『他にも儲けている黒幕がいると思いますが・・(メ▼ロ▼)凸』

 

TVや新聞などのメディアで大々的に取り上げるという事は、何か魂胆があるいうことですよね。
メディアを使って、誇大した内容やねつ造した情報を垂れ流し国民を洗脳することで、特権の人たちが儲ける仕組みが出来上がっているんですから。。気を付けないといけません。

マスコミの情報を鵜呑みにしていると、
いつか痛い目にあう日が、自分自身に降りかかるかもしれませんよ(笑)

 

さ~て、今からスポーツクラブに行って、全身引締めてきます。
また、午後から新システム導入に向けてHP再構築のハードワーク頑張ります。
『たまには集中して仕事もやってるんですよ~(笑)』

 

今日も頑張るぜ!『皆さんもファイトー(^_^)/』

うっりゃぁぁああーーーーー

みなさんからの応援が、私の頑張る活力です。
コチラ からポチッと応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村オフショア投資へ
にほんブログ村オフショア投資へ

無料でマイルを貯める方法を無料公開中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です