日銀が株を買わなくなったため日本市場への資金配分を縮小!成長が期待できる市場へ

日銀が株を買わなくなったので日本市場への投資資金を縮小しています

日銀が2%を超える下落をしなければ株の買い出動をしなくなったこともあり、少し投資戦略を変更して成長が期待できない日本市場への資金配分を縮小しはじめています。

つまり日本市場に期待できなくなったため、別の成長が期待できる市場への投資資金の配分を増やしているということです。

今までは、日本市場とその他市場で、大体50:50の割合になるように投資をしてきましたが、現在、その他市場が60~65:日本市場が40~35になるように資金配分の変更(調整)をしている最中です。(これはサテライト戦略のみの話です)

今日は今後の投資戦略(サテライト戦略)についてお話しようと思います。

この続きをみるには

この記事を読むには旅トモVIPマガジンの購読が必要です。

旅トモVIPマガジンとは
具体的な投資戦略・ノウハウ・テクニック、0から投資資金を作る方法、効率の良い副業など、一般には公開しない情報を配信しています。

※購読者の方はログインして続きをお読みください。

まとめ

私や3億円トレーダーの師匠は、市場の資金の流れに沿って、投資先や資金配分に変更を加えています。

本日の記事が、あなたの投資戦略の参考になり目標達成に一歩でも近づけると嬉しいです。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する判断は、購読者ご自身にてされるようお願い致します。

今日もエンジン全開💪
何にって? 遊びに決まってるパターン(笑)
うぉうっりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。