フィリピンのオフィス候補物件を完全公開!

2014年9月30日

提携先企業とのミーティングのあとは、コントロールセンターとして使用する、こちらもアラバンにあるオフィス候補の物件の視察に行きました。

今回視察に行った物件は、ホテルに併設されているタワーで、綺麗なホテルロビーやプールが有ったり良い感じです。

実はココのホテル・・
以前、某フィリピン不動産投資ツアーに参加した時に来たことがあります(笑)
そこの業者さんも、ここに会社があると言っていたと記憶しています。

フィリピンアラバンCRIMSONホテルのオフィス

プールの横を通り過ぎたところにあるエレベーターで、

目的の部屋へ見学に行ったのですが・・・

な、な、な、何と!

ショボイ!

ホテルロビーやプールなど、いい感じだったので、結構~期待していたのですが、しょぼかった(笑)
なんせ部屋が狭いです。

ココのタワーの全ての部屋が、同じタイプの広さしかないそうです。残念。

フィリピンのアラバンCRIMSONホテルのテナント

隣り合わせの2部屋を購入して、壁をぶち抜いて繋げる案もありましたが、ココのタワーでコストをかけて、それをするメリットがありませんので、残念ながら今回のタワーは却下となりました。

完全に期待ハズレなタワーでした!(メ▼ロ▼)凸

なぜフィリピンでオフィスを探すのに苦労するか?

それは、光ファイバーのインターネット環境が日本ほど整っていないんですよね。

日本で言うNTTのような大元の回線業者に、「100Mの光ファイバーが繋がっているか?」と聞いても「分からない」という回答しか来ないんです。

NTTに聞いて分からないなんて、日本じゃ考えられないですよね。
『でも、それがフィリピンです(笑)』

何でもかんでも「大丈夫」というのが、フィリピン人なんですが、こちらは期待を膨らませて実際に建物を見に行って、良く調べるとISDN並みの回線しかなかったり・・

そんな奴のいう事を、真に受けてタワーの契約をしたら、後にとんでもない事になりますよね(笑)
だから、フィリピン人の「大丈夫」はあてになりません。

多分、フィリピン人に光回線のメガ(Mbps)や、ギガ(Gbps)などの単位で話をしても、知らないんですよね。
あるタワーでのやりとりを紹介します。

我々:ここで光回線は使えるか?
業者:大丈夫。使えます。
我々:何メガの回線が来ているんだ?
業者:早いです。
我々:早いじゃなく何メガなんだ?
業者:ムチャクチャ早いです。
我々:・・・・・

まぁ~こんな感じ何で、本当にフィリピンで、ちゃんとネット環境の整ったタワーを見つけるのには苦労します(泣)

そういった訳で、コントロールセンターとして使用するオフィスは、別のタワーのこちらに決まりました\(^_^)/

新オフィスParkTradeCenter

11月の視察の際は、こちらに見学に行くことになります。

その時には、監視用モニターが入ったりして、完全にコントロールセンターが出来上がっていると思います。
『今から楽しみ~(^_^)』

今日も楽しい1日を!

ヤッホーーー\(^_^)/

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。