あの国が年1660%のハイパーインフレ中で海外積立の出番だな

2017年1月18日

ハイパーインフレで海外積立の出番

お早うございます。

本日の関西は、とてもいいお天気です^^
でも超ぉ~寒い(笑)

今朝も、日課のウォーキングで、エネルギー消費を・・
と言いたいところですが、今日から東京出張なので中止です(^∇^)アハハハハ!

まぁ~東京オフ会をやりたい所ですが、明後日から香港オフ会なので今回は無しということで!

もし今日の19時以降~で良ければ・・

個別面談の対応しますよぉー(^_^)/

希望される方は、お気軽に問合せより連絡ください。
もちろん身体は一つなので、一組限定という事でご了承ください。

ベネズエラが・・

どえらいハイパーインフレになっているようです!

ハイパーインフレ対策で、過去最大のデノミネーション(通貨切り下げ)が始まったそうです。

ニュース記事はコチラ
引用元:AFPBB News

【AFP=時事】インフレ対策で過去最大のデノミネーション(通貨切り下げ)が発表されていた南米ベネズエラで16日、新しい紙幣の流通が本格的に始まった。

 首都カラカス(Caracas)の銀行を訪れた預金者らはAFPに対し、窓口で新しい500ボリバル札、5000ボリバル札、2万ボリバル札を発行していると語った。

 ベネズエラでは昨年12月に予定されていた新紙幣の流通開始が遅れたため、混乱が発生していた。ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領は「マフィア」がため込んでいるとして100ボリバル札の流通を停止させたいとしていた。今回の切り下げ前までは、100ボリバル札が最高額紙幣だったが、それでも数セント程度の価値しかなかった。

 一方で経済活動には通貨切り下げの影響が出ている。カラカスのあるカフェの経営者は、客が150ボリバルのコーヒー1杯を5000ボリバル札で支払おうとしたが、釣り銭がなかったため売るのを断ったと語った。また現金自動預払機(ATM)ではまだ新しい紙幣を扱うことができないという。

 ベネズエラのインフレ率は世界で最も深刻なレベルとされている。国際通貨基金(IMF)はベネズエラの今年のインフレ率は1660%に達すると試算している。

皆さん!

将来の日本も、ハイパーインフレが起こりますよ!

最悪の場合、日本も国家破綻します!

今のうちに、海外へ資産を移しておきましょう!

海外へ資産移転するなら、海外積立が安心ですよ!

海外では皆、年金代わりに海外積立をやるのが普通です!

投資未経験でも、運用のプロが運用をしてくれるので安心です!

海外では、年利10%の運用は当たり前です!

さぁーいつやるんですか?

今やらないと、本当に大変な事になりますよ!

なぁーんて・・

アホなセールスにはご注意を!

日本は、ハイパーインフレも国家破綻もしませんから(笑)

日本が国家破綻しない理由は、こちらの記事を参考にしてみて下さい^^

資産形成には、海外積立が最強!最適!

な~んて言ってる無知でアホな業者が死ぬほど存在しますが、私に言わせればクズです(^∇^)アハハハハ!
何故なら、手数料は高いし元本も保証されてない、さらにドルコスト平均法にもならないから。
『何を根拠に「最強」とか言うとんねんボケ、コラッ、カス!(メ▼ロ▼)凸』

ではでは、そんなこんなで・・

今から東京へ出発進行~(^_^)/バイバーイ

今日も頑張るぜ俺!

どぅおっりゃぁぁあーー

あなたも旅トモになり、日本人の99%が知らない
「安心」「安全」「確実」な資産運用法を無料で学び、
マネーリテラシーを高めませんか?

まだ旅トモでない方は、今すぐ登録してください!
 ↓ ↓ ↓
今すぐ旅トモになる
※2023年8月より前に登録された方は再登録をお願いしますm(_ _)m