海外積立でIFAが行うスイッチングを考える

2014年2月24日

香港IFAイメージ

海外積立を行う上で、本人に代わりに運用を行ってくれる香港IFAは切っても切れない存在ですが、今回はIFAが行うスイッチングについて考えてみたいと思います。

私が初めて海外投資を行ったのは、F社の定額積み立てプランPという商品です。

最初は香港IFAについて情報も少なかったため右も左も分からず、九州のIから紹介された香港IFAのA社で申し込みました。

業者として活動するにつれて、このA社の運用内容があまりよくないことに気づきました。

A社の運用がなぜよくなかったかというと、頻繁にスイッチングを行っており、そのスイッチングしたファンドが値下がりするということが、頻繁に起こったわけです。

そこで、少しでもいいIFAを探して香港中を駆け回ったというわけです。今でも知り合いから情報が入ればIFAを訪問視察しています(^^)

特に面白かったのは、日本人を多く顧客にもつJ社を視察訪問して運用成績を見せてもらおうとしたときです。
出してきたのは2009年位までの成績が良かったときの物だけで直近の成績は見せれないと言うのです。

何かを隠していて、かなり怪しい。

対応してくれた、小太りの日本人女性もなんか高飛車で感じが悪い。
もちろんJ社は即却下(笑)

数々の香港IFAを視察訪問してきた私の見解として、下記に当てはまるIFAは運用成績も悪く、日本人スタッフのレベルや顧客対応も悪いという結論に至っています。

  1. 日本人をターゲットにしている
  2. スイッチングを頻繁に行う
  3. 会社の歴史が浅い
    ※特にB社からファンドマネージャーが独立したIFA

スイッチングをほとんど行わないIFAとの出会い

色々なIFAを視察訪問していて、たまたま見つけたD社。

40年の歴史のある老舗IFAで日本人スタッフも在籍していませんでした。
そして日本人をターゲットにしていないと聞いて、期待に胸が膨らみました。

運用成績を見せてもらったら、なんと右肩上がり\(^_^)/
ちなみにF社の商品は扱っていなくて、S社・A社・L社・I社の定額積み立てプランを取り扱っていました。

運用やスイッチングについて尋ねるてみたら、なんとIFAのD社で運用をおこなうのではなく、保険会社のS社自身が運用を行ってくれると聞かされました。

その代わり他のIFAで必要な運用委託費用が発生しないと聞かされました。

衝撃のあまり最初は自分の耳を疑いました。

糞みたいな運用をして手数料を稼いでいるIFAが多い中、なんと素晴らしいIFAなんだと感動すら覚えました。

そこでS社の定額積み立てプランH101を申し込んだのは言うまでもありません(笑)

現在も頻繁なスイッチングもなく運用成績は順調です。
もちろん運用委託手数料は不要のままです(^^)

もし私の知っている香港IFAの情報で良ければ、喜んでお力にならせて頂きます。
紹介を希望される場合はこちらのページからお知らせください。

もちろん私は業者じゃありませんので、お金取ったり何かの宣伝を行うことも無いので安心してください。
速攻で折り返し、IFA担当者の電話番号とメールアドレスをお知らせします^^

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。