法人税も個人所得税も減税に向かうアメリカ

2017年12月15日

日本とは逆に大幅減税に向かうアメリカ

皆さん、お早うございます。
連日、寒い日が続きますね。

昨日、ニュースを見ていたら・・
アメリカの現行35%の連邦法人税率を、

2018年から21%に引き下げる案で大筋合意したようです。

また個人所得税も最高税率を39.6%から37%へと引き下げる方向になったそうです。

日本も、ここまで税率が下がると・・
わざわざ香港やシンガポールなど海外の法人を作るメリットも、

だいぶ減りますが・・
まだまだ日本の現状は厳しいですよね^^

特に個人所得税に関しては、
日本は増税傾向が強いので厳しいですよね。

ビジネスをやっていて・・
売上や営業利益(粗利)を伸ばすことばかりを考えている人が多いですが、

税金を差し引いた税引き後の利益

ここまで考えている人は、結構、少ないように感じます。

私的には、粗利から税金を差し引いて・・
最後に手元に残るお金が大切だと思っています!

いくら稼いでも、税金でその利益の殆どを持っていかれて、
手元にお金が残らなければ、何のために頑張ったか分からないですよね。

いまの日本の状況を考えると・・
ビジネスや投資の拠点を、税率の低い海外に移して税引き後の利益を残す!というのがベターかもしれませんね。

稼げない時は、日々のお金に困り・・
稼いだら稼いだで、今度は税金で悩まされるパターン(泣)

お金や稼ぐことに対して、日本はとても窮屈ですよね。
そう考えると、お金持ちが海外に逃げたくなる理由も理解できます。

私の場合は、
資産家でも何でもありませんが・・

海外への逃亡願望あり?(笑)

今日も気合と根性!
どうっりゃぁぁあーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。

時事問題時事問題

Posted by ZERO