ワクチン接種率から見たアフターコロナによる景気回復を予測!日本は大きく出遅れぎみ

日本のアフターコロナ景気回復は出遅れると予測

新型コロナ患者が爆発的に増えて先行きの不透明感が漂う日本。
またコロナ破綻も増加している模様。

一方、米国は、ワクチン接種が進んだことで街に人が戻り、景気も8割程度まで回復してきているとのこと。

昨年は、新型コロナワクチンができたら景気が回復するとの見られていましたが、今はワクチン接種率が景気の鍵を握っていると言えそうです。

4月9日現在、日本のワクチン接種率は全国民の1%未満と、景気回復には程遠い絶望的な数字といえます。😢

日本のコロナワクチン接種状況(2021年4月9日)
日本のコロナワクチン接種人数(2021年4月9日)

現在のワクチン接種スピードでは、夏のオリンピックまでの景気回復は絶望的ですし、年内の景気回復も微妙と言えます。

各国のワクチン接種回数

各国のコロナワクチン接種回数
出典元:日本経済新聞

グラフを見ると、得に日本、韓国、ロシア、中国、新興国のワクチン摂取率が低いので、世界的な景気回復は来年(2022年)以降になると予測できます。

景気回復の予測は、今後の投資戦略を考えるうえで重要です。

特に株価は、実体経済よりも早く反応するので、しっかり監視して良い波に乗りたいと思います。

その一方、逆風が吹いている時は、次の追い風(良い波)が来るまで待つことも大切です。

ちなみに今は、米国株(銘柄による)に、良い波が来ていると思います。
『知らんけど(笑)』

下記↓で、現在保有中の本命銘柄の買い場について書いています。

新型コロナ感染者増加でお出かけしにくいこの週末、もし時間があるなら銘柄分析や投資研究につかってみるのも良いですね^^

ではでは楽しい週末を👋

今日もオモロイDAY❣
うぉっりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。