長崎大学は新型コロナウイルスに対し天然合成したアミノ酸5-ALAの強い抑制効果を発見

長崎大学は新型コロナウイルスに対し天然合成したアミノ酸の強い抑制効果を発見

新型コロナウイルス感染の治療薬開発に、明るい兆しが見えてきました。

長崎大学が行った、新型コロナウイルス感染症の原因ウイルス(SARS-CoV-2)を用いた培養細胞での感染実験で、天然で合成される5-アミノレブリン酸(5-ALA)というアミノ酸が、新型コロナウイルスに対して強い抑制効果があることを発見したそうです。

もちろんフェイクニュースでも何でもなく、長崎大学のホームページで公表されている事実です!

さらに2021年2月8日、国際学術誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に正式掲載されています。

長崎大学のホームページによると、アミノ酸の抗ウイルス効果は、非ヒト細胞よりヒト細胞に対して顕著(けんちょ)で、細胞毒性もなく濃度依存的に抗ウイルス効果を示したとのこと。

ワクチン+治療薬の体制が整えば、感染症に対して神経質にならなくても良い以前の生活に戻れるだけでなく、一気に景気回復しますね。👍

最近は、新型コロナウイルス(変異株)の感染者が凄い勢いで増えていて気が抜けない状況ですが、天然合成アミノ酸で副作用もないのなら、国のお偉いさん方には一刻も早く治療薬として世に送り出せる体制を整えて欲しいものです。

今日は、少し明るいニュースをお伝えさせて頂きました!

お互いに、コロナ禍を乗り切りましょう💪

あなたも楽しい休日を!
アディオぉぉぉース👋

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。