東証再編は忖度と既得権益まみれの内容でBIGチャンスを失った日本市場

東証再編は忖度と既得権益まみれの内容でBIGチャンスを失った日本市場

昨日から東京証券取引所が株式市場を、今までの東証一部、東証2部、マザーズ、ジャスダックの4区分から、プライム、スタンダード、グロースの3区分への再編が行われました。

今回の東証再編は、上場企業の質の改善やコーポレートガバナンス(企業統治)の強化を図るという名目で行われたのですが、再編後の内容が忖度と既得権益まみれで残念すぎるパターンでした😢

東証再編時の上場企業数
東証再編時の上場企業数

例えば、プライム市場に上場する条件として、、、

  • 流通株式時価総額100億円以上
  • 流通株式比率35%以上

これらの条件を満たす必要があるにもかかわらず、基準に達していない295もの企業が経過措置という名の忖度&既得権益によりプライムに移行されました!

プライムの295社以外に、スタンダードでは209社、グロースでは45社の企業が基準に達していません。

これでは、再編した意味が全くありません!

どこが、上場企業の質の改善やコーポレートガバナンス(企業統治)の強化を図ってるねんって言う感じですね😂

大きく変わって、世界にアピールできるBIGチャンスを失ったとしか思えません。

ホント日本のお偉いさん方がやることって、、、なぜか残念すぎるパターンが多いですね~😂

ではでは~
今日も楽しい一日を👋

今日も自由自在だぜ!
いつも通りのパターン🤣

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。

時事問題時事問題

Posted by ZERO