日本の預金封鎖説・・

2015年6月25日

預金封鎖の事実

皆さんこんにちは。

今日の関西は、とてもいい天気です。
もちろん朝から、1時間強のウォーキングで、きっちり脂肪燃焼してきましたよ~^^

さてさて、日刊ゲンダイで日本の預金封鎖に関する、おもしろい記事が掲載されていました。

その名も・・

ギリシャは対岸の火事じゃない 市場が囁く日本の“預金封鎖”

ギリシャは対岸の火事ではない・・

海外投資の紹介業者さんが、好きそうなフレーズですやん(^∇^)アハハハハ!

では記事を抜粋します。

デフォルト危機にあるギリシャで、高級自動車がバカ売れしている。

「預金封鎖に備えて富裕層がこぞって購入しているといいます。万が一、現金を引き出せなくなり、預金が凍結されても、自動車なら売却し現金化することも可能です。資産防衛のため高級車を買っているのでしょう」(市場関係者)

ギリシャのチプラス首相は、新たな財政改革案をEU側に提示し、瀬戸際の交渉を行っているが、金融市場はデフォルトの可能性を捨てていない。デフォルトが現実となれば、ギリシャ金融市場は大混乱し、預金封鎖もチラつく。13年に金融危機が表面化したキプロスでは、実際に預金引き出しが制限され、国民はパニックに陥った。

「日本も戦後間もない1946年に預金封鎖があった。時代が違うとはいえ、日本の現状を考えると絶対にないとは言い切れません。国の借金はGDP比で200%を超え、先進国で最悪です。ギリシャの預金封鎖懸念は決して対岸の火事ではないのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

実はここ数カ月、マーケットで日本の預金封鎖に関する噂が飛び交っている。

「2月16日にNHKのニュース番組で預金封鎖が特集されました。69年前のこの日に、預金封鎖が決まったという内容でしたが、なぜ69年前という中途半端なタイミングで放映したのか。突飛な印象が強いだけに、市場は真の狙いを勘繰っています」(金融関係者)

戦後の預金封鎖は約2年に及んだ。この間のインフレは凄まじく、預金(現金)の価値は15分の1以下に目減りしている。

一方、株式や土地は“差し押さえ”の対象外だったため、資産価値は物価上昇とともに上がっていった。

「アベノミクスが提唱する『貯蓄から投資へ』を加速させる目的があったのではないか。預金ではなく、株を買ったほうが賢明と促したのかもしれません」(証券アナリスト)

もうひとつ、有力な説がある。

「NHKの籾井会長は安倍首相の“お友達”です。官邸の意向をくんだ放送だったとすれば、17年4月の消費税10%への引き上げが絡んでいる。日本の財政はギリシャと同じく破綻する危険性がある。これを回避するには増税しかない。消費税10%を実現できないと、預金封鎖もホントにあり得るという安倍政権の恫喝です」(市場関係者)

ギリシャの窮状を利用した悪質なプロパガンダだとしたら、国民をナメている。

私は一番最後の増税したい説

これが最有力だと思います!

政府と日本の悪代官である財務省の、増税キャンペーンであることは間違いないでしょうね。
ホントこの記者が書いているように・・国民をナメてます!(メ▼ロ▼)凸

NHKの預金封鎖の番組はコチラ

この動画は・・海外投資業者さんの、セミナー必須アイテムなんでしょうね(^∇^)アハハハハ!

まぁ~こんな情報を垂れ流して、国民を洗脳してるんですから。
恐ろしや~恐ろしや~(笑)

ホント皆さんも、悪質なホラ情報には、どうかご注意を!

今日も全力で頑張るぜ!

うぉっりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。