ヤバイいつの間にか麻薬中毒に・・ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

2016年2月19日

中国の麻薬入り料理で薬物中毒に

皆さん、おはようございます。

本日の関西は、快晴でとてもいい天気です。
もちろん今朝も、日課のウォーキングでバッチリ、エネルギー消費してきましたよぉ~\(^_^)/

ネットサーフィンしていたら、何とも恐ろしい記事を発見しました。

料理に違法薬物を混入して・・

リピーター獲得する店が続出しているらしいw( ▼o▼ )w オオォォ!!

まぁ~コレ、中国の話なんですがね(^∇^)アハハハハ!

流石っす!

銭儲けの為なら、人の健康や命なんて、全く関係なし・・って怖すぎますよね。

でも、日本の食品メーカーでも、こういった考えが有りそうですよね。
まぁ~これは、私の勝手なイメージですが・・

とんだとばっちりを受けた被害者・・
不幸だけど、ちょっと笑けたのでニュース記事を紹介します(^∇^)アハハハハ!
引用元:Record China

2016年2月17日、中国では中毒性のある違法薬物を料理に混ぜて提供し、リピーターを獲得しようとする店がたびたび摘発されており、知らずに食べた客にとってとんだ迷惑となっている。

四川省成都市新津県に住む若者は先般、就職に必要な健康診断を受けるべく近くの警察署に赴いたが、尿検査で薬物の陽性反応が出た。全く身に覚えのない結果に若者は慌てふためいたが、警察の聴取で、警察署に来る途中にある店で食事をしたと語り、警察が調査に乗り出した。

すると店からケシの殻をすりつぶした粉末が見つかり、店の女将はケシの殻の存在を否定していたが、その後弟が市場で買い付けたと供述。料理に混ぜて提供していたという。市場で販売店を調べた結果、ケシの殻やその殻をすりつぶした粉末を販売していることが分かり、料理店の女将とその弟、粉末を販売した夫婦4人が拘束され、16日に6~10カ月の懲役刑が言い渡された。

若者はケシの殻が入っているとは知らずに食べたため罰せられることはないが、薬物反応が出たことにより就職に多少なりとも影響があったという。(翻訳・編集/内山)

まったく知らぬ間に、薬物中毒になって行くって、何とも恐ろしい事件ですよね。

もしかしたら、私が中国で美味しい、美味しいって食べている料理にも・・・ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

日本の飲食店でも・・
実は麻薬入り料理を出す店が、実在したりして(笑)

今日は、午後一番から打合せが入っていて・・

その後は、また別の場所で貿易事業(商社)に関する打合せ。

そしてその後は・・
衆議院議員の先生や秘書の方たちとの会食と、中々ハードな1日になりそうです。

という訳で、今から出かける準備をしますので、
今日はこの辺りでオサラバしま~す(^_^)/バイバーイ

今日も一生懸命!

うぉっりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。

時事問題時事問題

Posted by ZERO