善意を踏みにじる募金詐欺に喝!コラッ!(メ▼ロ▼)凸

2016年12月12日

募金詐欺

皆さん、お早うございます。

本日の関西は、とてもいいお天気ですが・・むっちゃ寒いです(^∇^)アハハハハ!
もちろん本日も日課のウォーキングで、前日蓄えたエネルギーを消費して来ました~

まぁ~今朝は、なぜか5時過ぎに目が覚めて・・
って言うか、老化現象が既にスタートしているという感じですが(^∇^)アハハハハ!

嘘の情報で募金活動を行って

1億円以上集めたオッサンが・・

その大半を使い込んで逮捕されたニュースを発見しました!

人の善意に付け込んだ詐欺を働くとは・・

本当にクソ野郎ですねコイツ!

ニュース記事はコチラ
引用元:AFP

【AFP=時事】スペインで、難病の娘のために治療費が必要だと募金を呼び掛け、90万ユーロ(約1億1000万円)以上を集めて英雄的な父親と称賛されていた男が、募金の大半を自分のために使い込んでいたとして9日、詐欺容疑で逮捕された。

 逮捕されたのは北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州に住むフェルナンド・ブランコ(Fernando Blanco)容疑者。警察発表によれば、ブランコ容疑者と妻はナディアちゃんの治療費のためとして91万8000ユーロ(約1億1200万円)を集めたが、このうち60万ユーロ(約7300万円)近くを他の目的で使い込んでいたという。

 ブランコ容疑者は、娘のナディア・ネレア(Nadia Nerea)ちゃんが死に至ることもある珍しい 遺伝性疾患にかかっていて、命を救うためには米国ヒューストン(Houston)の専門病院で手術を受ける必要があると様々なメディアで訴えていた。

 ブランコ容疑者は各メディアに対し、娘のナディアちゃんが硫黄欠乏性毛髪発育異常症を患っていて医師から先は長くないと告知されたが、あきらめきれずに優秀な専門医を探して世界各地を駆け回り、アフガニスタンの洞穴に住んでいる著名な遺伝学者にも会いに行ったなどと語っていた。これが報道されると、スペイン中がこの「美談」に胸を打たれていた。

 しかし先週になって、全国紙エル・パイス(El Pais)などの国内メディアがブランコ容疑者の話の信ぴょう性に疑問を投げ掛け始めた。各紙の報道によると、ブランコ容疑者が海外へ渡航したことを示す証拠はなく、専門医がいるというヒューストンの病院やブランコ容疑者が主張していた最先端の治療法も存在しなかった。

 5日には詐欺容疑でブランコ容疑者に対する捜査が開始され、ブランコ容疑者は2日後の7日にフランス国境付近の検問所近くで身柄を拘束された。警察によると、このとき同容疑者は現金1450ユーロ(約18万円)と腕時計2個、複数の電子機器類、空砲射撃用の銃を所持していたという。

 これを受けてカタルーニャ裁判所の判事は9日、ブランコ容疑者の再勾留を命じ、妻に対しても娘の治療費のためだとして金銭を要求した詐欺の疑いでナディアちゃんの親権を剥奪した。
【翻訳編集】AFPBB News

私的には、この容疑者の娘の容態が気になりますが・・

子供を持つ親の気持ちとしては、元気に命をつないでほしいものです。

日本国内でも、様々な詐欺が横行していますが・・

お金が簡単にもうかるといった甘い話には、くれぐれもご注意くださいね!

今週もぶっ飛ばして行くぜ!

どうっりゃぁっぁああーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。

詐欺時事問題,詐欺

Posted by ZERO