【Googleの節税スキーム参考】海外法人を活用したシンプルな節税スキームの内容とは?

2021年1月19日

Googleを参考にした海外法人を使った節税スキーム

GAFAなどのハイテク企業が、米国やその他拠点のある国で、あまり税金を納めていないという話を、一度は耳にしたことが有るのではないでしょうか?

これらの企業は、税金の高い国から低い国へ利益移転(経済活動の実態のない国に利益を移転)させる節税対策を行うことで、多くの利益が手元に残るようにしています。

もちろん・・・

法律の範囲内で税金対策を行うことは、脱税には該当しません。合法的な節税となります!

恒久的施設の存在が課税対象の判断基準に

恒久的施設とは、事業を行う一定の場所のことを言います。

国際税務において、恒久的施設の有無が課税対象の大きな判断基準になっています。

日本にあるアマゾンは倉庫という位置づけで、、、

恒久的施設とは認められないため課税対象ではない!というのが、現在の国際税務的な見解となっています。

Googleが行うシンプルな節税スキームとは

この続きをみるには

この記事を読むには旅トモVIPマガジンの購読が必要です。

旅トモVIPマガジンとは
具体的な投資戦略・ノウハウ・テクニック、0から投資資金を作る方法、効率の良い副業など、一般には公開しない情報を配信しています。

※購読者の方はログインして続きをお読みください。

※本記事は情報提供を目的としており、海外を使った節税対策を勧誘するものではございません。節税対策に関する判断は、購読者ご自身にてされるようお願い致します。

今日も全速前進!
うぉっりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。