香港&中国のダブルナンバーSIMを試してみた

2015年7月15日

中国移動の香港&中国のデュアルナンバーSIM

皆さんお早うございます。

今朝の関西はとてもいい天気です。
朝も1時間強のウォーキングに行ってきましたが・・非常に暑いです(>_<)

香港オフ会に参加された皆さん。

オフ会お疲れ様でした\(^_^)/

また機会がありましたら、楽しい旅に行ったり、ビジネス&投資談議を楽しみましょう。

今回の香港オフ会は、現地で色々とお付き合いがあり・・(笑)
平均睡眠時間が3時間程度と、超ぉ~ハードな旅に!!

その影響で、昨夜は超、超、超、熟睡!
目覚ましが鳴るまで、完全に意識不明状態でした(^∇^)アハハハハ!

昨夜、無事に香港から帰宅しましたので、今日から香港オフ会のお話を、ブログで紹介していきますね。
第1回目は、海外SIMのお話をしますね。

私は現在、SIMフリーのiPhone6を使用していて、海外に行く際はいつも、通話料やデータローミングが安くなる、現地SIMを使用して使っています。

今回の旅は香港と中国(珠海)の両方を移動するので、以前から気になっていた1枚のSIMカードで、香港と中国の両方の電話番号が持てる、中国移動のSIMカードを購入しました。

中国移動のダブルナンバーSIMカード

実は、香港に到着後に

スタンダードチャータード銀行の口座開設に行ったのですが・・

前日の台風の影響で、香港国際空港が混雑していて、着陸が予定よりも約1時間ほど遅れました。

それで、4時を過ぎて銀行へ行って口座開設の手続きを開始したのですが・・

何故か登録するための銀行システムにアクセスできないとか何とかで、「翌日に改めて来てください」と5時過ぎまで散々待たされた挙句に言われる始末。

オマエ・・

ただ早く帰りたいだけやろーコラッ!(メ▼ロ▼)凸
『さすが香港やなぁ~いきなり香港の洗礼浴びたわ(笑)』

そんなこんあも有りながら、夕食の集合時間の6時まで少し時間があったので、今回の宿泊先ホテル(九龍ホテル)近くにある、重慶(チョンキン)マンションへ、SIMを購入しに行くことにしました。

チョンキンマンション

この重慶(チョンキン)マンションは、数多くの両替商が入っていて、香港で一番レートが良い事で有名な場所です。
入口側より、奥や2階の方が、レートが良い傾向があります。

もし香港で両替をされる場合は、一度足を踏み入れてみると良いかもしれません。

ただここは、多国籍の人が行きかっているので、かなり怪しい雰囲気ではあります(^∇^)アハハハハ!
『初めての時はちょっとビビるけど・・今のところ全く問題なしやで(笑)』

では、SIMの話に戻りまして・・

中国国内では「3G」と表示され、特に回線速度で不自由は感じませんでしたが・・
何故か香港では「E」と表示され、回線速度がすごく遅く、かなり不自由でした(>_<)

まぁ~当方の設定方法が、ただ単に悪いだけかも知りませんが・・
もし詳しい方がおられましたら、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m

スマホの設定箇所は、これだけのはずなんですがね。。多分(笑)

APNの設定
APN:cmhk
USERとPASSは「空白」

この続きは

また明日につづく・・

では今からジムに行って、身体を引締めてきま~す(^_^)/バイバ~イ

今日も全速前進やぁ!

どっぅりゃぁぁあーーー

ポチっと下のバナーを押して
応援してもらえると凄く嬉しいです。m(_ _)m

↓ ↓ ↓
ランキングアップご協力お願いします。